車椅子×モデルぐれいすのQOLアップ闘病ブログ

伝えたい難病があります!広めたい声があります!
トップページ > バリアフリーや生活の工夫 > 好評につき車椅子で検証シリーズ第二弾を計画中です!

好評につき車椅子で検証シリーズ第二弾を計画中です!

  • 2016.12.06

前回の大阪城公園の記事が凄く反響がよかったので、第二弾は映画に行ってみようかと思っています。

車椅子席などがありますが、実際のバリアフリー加減をレポートしてみたいと思います!

 

車椅子や杖歩行、その他障害のある人や難病の方にとって、何がバリアになるのか、そして、どれくらいバリアフリーになっているのか。

スロープの加減や段差などもまた動画で上げたいと思います。

 

そして、私だけでなく実際こんな事で困っています!というお声も紹介していきたいと思っています。

どれ程の人がどんな事で困っているのか知ってほしいです!

まだまだ募集中!!

こちらも色んな方の投稿が集まり次第まとめさせていただきます。

 

今日は、多少の介護が受けられるようになってからも、外出するために事業所の事情で困ってしまう事について書きたいと思います。

 

予め時間がわからないと困る

移動支援(お出かけ時の送り迎えや付き添い)などは基本的には1ヶ月前から

ぐれいす
○月○日の△時~△時まで□□(場所)にお願いします。

と言っておかなければなりません。

 

カラオケやBBQなどこちらで時間が調整できる外出は特に問題ないのですが、
映画にいくとなると、映画の上映時間などは1週間~10日前くらいからでないと具体的な時間はサイトに表示されません。

第二弾車椅子検証の予定のために私は適当に△時~△時までお願いしますとこちらで決めてお願いし、その時間内で観れる映画を観ることにしました。

 

どうしてもこの映画がみたい!となっても、
予め上映時間がわかっていないと予定すら立てられません。

これが本当に嫌で、周りにも迷惑がかかるし観たい映画が観たいときに見られないのです。
これは結構不便ですよね。
急にここに行きたい!と思っても行ってもらえません。突然コンビニに行きたくなってもです。

 

なら自分で車の運転をすればいいのでは?

と思われると思いますが
脳腫瘍のてんかんのため、意識障害はありませんが片手の脱力発作と痙攣のため車の免許はとれません。
お薬でおさまっていますが・・・
それに加え、視野にも障害があります…

とはいえ、それで免許がとれたところで肢端紅痛症による両手両足の発疹激痛で運転できませんがww
悪循環です。

なので介護が必要な状況なのですが、こればっかりは仕方ないかと思います。

 

→映画の上映時間をもっと先の予定もわかるようにしてほしい!

と思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

 

それから、突然友人からの

友人
5日後□□に行かない?

友人
急遽休みが取れたけど明日空いてる?

友人
1ヶ月後の○○日仕事終わった後空いてない?仕事何時に終わるかわからないけどw

 

こういうお誘いに対応できずに困ってしまいます。

行きたい所に行きたい時にいけないというのは支援を受けていても不自由なままなのです…どんどん出不精に…どんどん引きこもりになって、なかなか友達との約束が取れずにいます…

 

 

これは介護支援を受けておられる方は皆さん同じだと思いますが…

 

いつどこに何時から何時まで、を一か月前から申請するのって思いのほか大変で、移動支援って遊びだけではなく、
何かの申請や手続き、急遽いるものがあった場合の買い物とかも含まれるので、突然スマホが壊れた時にかなり困りました…
どこの事業所さんも忙しいから仕方がないことですけどね…

事業所cでは極力急遽の外出にも対応していただいていて、いつも助かっています。(スマホが壊れたときとかも)

 

通院も同じで急遽変な症状が出たときは歩けないので、救急車を呼ぶしかないのが現状です・・
同様に予約日の診察でおかしな症状が出て、急遽検査予定が入ってしまった場合も事業所さんの都合を確認してもらってからの検査になります。

通院も事業所を増やしてもらおうか検討中。。。

 

P.S

昨日記憶から抹消されていた役所の違う部署への電話をしようと思って、今日も忘れた私です…明日こそ!


コメントは受け付けていません。

↑